事故解決の相談は弁護士にお願いすると安心です

メリット・デメリット

目印になるもの

交通事故にあうと加害者と被害者の場合で対応が大きく異なります。

加害者になってしまった場合は、加入している保険会社の担当者が
示談交渉をおこなってくれますが、被害者になった場合は
基本的には自分で相手方と交渉します。

全体を見る


そうなると専門知識の深い保険会社の担当者のほうが、
交渉を有利に進めることになるのは明白です。

そこで相手方の保険会社との交渉を上手く進めるためには、
弁護士を活用するのが有効です。

こちら側も法律のプロを雇えば、交渉を対等もしくは有利に進めることができ、
不利な条件の示談を結んで泣き寝入りするようなことも無くなるでしょう。

一方でデメリットもあります。

弁護士を雇うとなると当然ながら料金を支払う必要があります。
保険会社との交渉の結果、費用を補って余りある利益が発生するのであれば
有効ですが、そうでない場合はかえって損をすることにもなりかねないのです。

交通事故トラブルの解決を弁護士に委ねるかどうかは、コストパフォーマンスを
じっくりと検討してから判断することが大切です。