事故解決の相談は弁護士にお願いすると安心です

示談金交渉

交通事故の被害者には、医療費などの出費、壊れてしまった
品物の損害、ケガや後遺障害のために失った所得などの損害、
精神面での苦痛に対する慰謝料などを加害者サイドに
損害賠償請求する権利が認められています。

ここで、相手方にいくら損害賠償請求できるかという問題があります。
交通事故の損害賠償では、医療費や杖代などは実費が
原則ですが、休業損害や慰謝料などはその人の所得などにより
変わってきますから計算が複雑です。

示談交渉を自分で行い、相手方の保険会社の担当者と交渉するとなると
かなりの知識が必要です。

気を付けて帰る


その点、弁護士に相談すれば裁判の判例を基準にした計算式で
慰謝料なども計算してもらえますから自賠責基準で提示された
慰謝料よりも高く請求することができます。

最後まで見届ける

契約している自動車任意保険に弁護士費用特約があれば相談するための
費用も補填されますし、ノーカウントといって特約を使うだけでは
無事故割引の等級にも影響しないので有利です。